22
12月

相続税は節税できる!養子を増やしたり不動産を持つ

養子縁組をして子供を増やす

人が亡くなると、その人の資産は相続を受ける人に引き継がれます。多くはただ引き継がれるだけですが、この資産が一定額を超える場合には相続税がかかる場合があります。税金なので支払いが必要になり、できるだけ減らしたいと思うでしょう。その時の方法として、養子縁組を行うことがあります。相続の対象としては、子供の順位は1位になっています。既に子供がいるときは一人まで、子供がいない場合には二人まで税金計算の対象になります。

お金を不動産に変えておく

お金であれば、そのお金の額面でいろいろなものを買えます。資産の場合は、まず売却をしてお金に交換して、そのうえで買わないといけません。資産で持つのは面倒なこともありますが、相続税対策としては不動産を持つのが有効とされています。税金を計算するときは資産を概算で計算しますが、不動産は額面通りの額で計算されるわけではありません。時価よりも低い価値として税額が計算されます。現金でもっているよりも、税金を減らせる可能性があります。

生命保険に加入をして相続財産を残す

自分が万が一に備えて加入するのが生命保険です。若い時に亡くなれば、残された家族は路頭に迷うかもしれません。それ以外に生命保険を使うことがあります。それは相続対策です。相続を受けるとき、生命保険から受ける場合は受取人が全額を受け取ることになります。生命保険は、法律による分配の対象外です。受取人を妻にしておけば、妻の非課税枠を使うことが出来ます。終身など貯蓄タイプの生命保険に入っておくと、銀行預金よりも利回りが良いこともあります。

相続税対策が出来る法律事務所は、多くの消費者から支持を得ており、税金関係の手続きをすぐに終えることが可能です。