22
12月

一戸建てかマンションか住み比べてみたら。

一戸建て住宅のメリットは?

一昔前は、土地の値段は下がらない。という考え方がありましたよね。だから資産価値という点で土地付きの方が先々有利だと考える人が多かったです。ところが近年、土地神話は崩れてしまった感があります。一戸建ての新築住宅を購入しても購入時の土地値を下回り続けてきました。それなら、同じ予算で比較すると立地条件の良いマンションへと流れる傾向が続いています。戸建て住宅のメリットはないのでしょうか?住環境の良さ、広い庭、などマンションにはない良さもたくさんあります。それだけでしょうか。

マンションは一戸建てにはかからない経費が必要です。

マンション居住者にとって予想外に高くつく経費のひとつに「管理費」というものがあります。長期的な修繕費に充てたり日々発生する清掃、ゴミ管理、などの経費です。場所やマンションの規模によっても様々ですが2万円~3万円というところでしょうか。もちろん管理費に見合っただけの便利さや将来の修繕に向けての積み立ては必要不可欠なので無駄な経費というわけではありせんが、購入資金計画を立てる場合に見落とせない出費です。さらに「駐車場代」「駐輪場代」などで1万円を超える場合も少なくありません。ローンを返済し終わった時点でも毎月5万円弱の経費がずっと続くことは念頭においた方がよいでしょう。老後の資金計画にもひびいて来そうですね。

ここで改めて一戸建てのメリットとは?

そうです。一戸建て住宅には自分で自由に使える土地が付いているのです。スペースさえあれば何台でも車や自転車を止めることができます。自分の土地ですから駐車場代などは発生しません。「管理費」に含まれる将来的な修繕費についても自分の予算に合わせて計画することができるのです。「毎月一律に2万円積み立て」「外壁の塗り替えは何年ごと」というような取り決めもなく自由度が全く違います。ここが集合住宅と一戸建て住宅の大きな違いのひとつだ言えます。

さいたま市の新築一戸建ての場合、ゆとりのある間取りで生活でき、周辺住戸に対する騒音の心配も少ないので、子育て中の人でも安心です。